ノアンデの正しい使用方法|効果が無いという前にまずは実践!

ノアンデに限らず、薬用クリームの類には「効果があった/効果が無かった」という両極端な口コミが寄せられます。

もちろん個人差がある部分ではあると思うのですが、効果がなかったと言っている人の中には「正しい使い方ができていない人」というのもいるのではないかと思うんですよね。

ここでは「ノアンデは効果が無い!」と言っている人に試して欲しい、2つの方法についてご紹介したいと思います。

 

ノアンデは清潔な肌に使用すること

まず1番注意して欲しい点は「ノアンデは清潔な肌に使用する」ということです。

多くの人はシャワー後やお風呂上がりに使用していると思いますが、中には「夜のお風呂上がりに使用して、朝はそれに追加するような形で塗っている」という使い方をしているという人も少なくないようです。

もちろん使用者の体臭の度合いによってはそれでも十分に効果が期待できるのではないかと思いますが、少なくともワキガ体質に悩みを抱えている多くの人は、夜中にかいてしまった汗をそのままにしていることは好ましくないと言えるでしょう。

 

ノアンデにはシメン-5-オールという殺菌成分が含まれており、その殺菌効果には目を見張るものがありますが、それはあくまで「菌の増殖を防ぐ」という意味合いです。

つまり、菌が増殖していてニオイが既に発生してしまっている部分に使用しても、そこまで高い効果は得られないということになります。

 

もし通勤途中や通学途中で汗をかいてしまい、再びワキガ対策を講じなければならないという場面なら、まずは汗の手入れを行ってください。

私は殺菌効果のあるボディシートを使用していますが、これらで汗を綺麗に拭きとってから、再度ノアンデを塗り込むといいでしょう。

こうすればよほど汗をかくような状況にならない限りは、しっかりと汗を抑えることができるはずですよ。

 

塗り込んだノアンデはしっかり乾かすこと

ここも結構忘れがちなのですが、まずノアンデを塗り込む前の肌はしっかりと水分を拭き取りましょう。

本来であれば、脇汗を完全にぬぐってドライな状態にすることは臭いを発生させてしまう要因にもなるのですが、ノアンデを塗り込むのならそれだけでほのかにウェットな状態を作れますから、邪魔な水滴などは一切残していない状態で塗り込むようにしてください

 

そして、塗り込んだノアンデを薄く伸ばしながら肌に塗り込んでいくわけですが、いくらノアンデが肌に馴染みやすいとは言っても、乾くまでにはそれなりの時間を有します。

本当に少量のクリームを薄く伸ばして使用していればそこまで時間はかからないでしょうが、もし乾くまでに時間が掛かるというのであれば、使用量が多いという目安になると思います。

いずれにしても乾いていない状態で服を着てしまうと、それだけで通気性が悪くなってしまい、洗濯物でいうところの生乾きに近い状況になってしまうため、確実に乾かしてから服を着るようにするといいですよ。

 

最後に

とりあえず「ノアンデに効果が無い」と言っている人は、上記の2点をお試しいただけたらと思います。

もちろん個人差がある部分なので「ちゃんとした使用法を守っているけど効果が無い!」という人もいるでしょう。

そういう人は、海外のデオドラントなんかを使用してみればいかがでしょうか?ちょっと肌に対しての刺激は強くなりますが、臭いや汗を抑える効果は海外製の方が高いので、一度お試しください。

 

ノアンデ 最安値